タイの面白ニュース・コラムなら

タイに関連する面白ニュース・三面記事

タイへの国際旅客便の飛行禁止期間を2020年4月30日まで延長

2020/04/15

タイ民間航空庁(CAAT)は4月15日に、国際旅客便の飛行禁止期間を2020年4月30日まで延長すると発表した。これで郵便物の空輸便も30日まで国外に発送できない。

タイ渡航、入国許可書も必要に

2020/04/15

在タイ日本大使館によると、タイ政府は4月12日から、タイの労働許可証(ワークパーミット)を所持する外国人がタイに入国する際、出発国のタイ大使館もしくは総領事館が発行する入国許可書の提示を義務付けた。続きはコチラ

タイ政府の現金給付に想定の3倍の国民の4割が申請

2020/04/13

タイ財務省は12日、新型コロナウイルスの影響で仕事を失ったアルバイト、フリーランスの労働者に対する現金給付に、想定の3倍、国民の約4割にあたる約2700万人から申請があったと発表した。

給付対象に含まれない社会保険加入者や農家などが大挙して申請した結果とみられる。現金給付は月5000バーツを4月から3カ月間支給するもので、対象枠は900万人。3月28日から専用ウェブサイトで受付を行っていた。

財務省はこれまでに799万人の申請情報を調べ、審査を通過した168万人に対し、今月8〜10日にそれぞれの銀行口座に5000バーツを入金した。また、153万人に追加情報を求め、478万人の申請を却下した。

タイ全土で酒販売禁止

2020/04/13

タイ内務省は12日、タイの全77都県が、新型コロナウイルス対策として、酒の一時販売禁止に踏み切ったことを明らかにした。4月13〜15日がタイ正月(水かけ祭り)にあたるため、祝賀で集団で飲酒し、感染リスクを高める恐れがあると判断。酒の販売禁止という荒療治に出た。

販売解禁は最も早い東部ラヨン県など4県で4月16日、バンコク都、北部チェンマイ県など20都県で21日、最も遅い東部チョンブリ県など27県で5月1日。北部ピッサヌローク県と南部プーケット県は解禁日を明らかにしていない。

バンコクとチェンマイ、10日から20日まで酒販売禁止

2020/04/09

バンコク都と北部チェンマイ県で10日から20日まで酒の販売が禁止されました。期間は4月10日から20日まで。

タイで酒の販売が一時的に禁止されているのはサコンナコン県(禁止期間3月31日〜4月16日)、ラヨン県(同4月3〜15日)、ブリラム県(同4月2〜30日)、ムクダハン県(同4月6〜30日)、スパンブリ県(同4月4〜30日)、ナコンパトム県(同4月2〜30日)、ラムプン県(同4月1〜30日)、スリン県(同4月2〜30日)、ピッサヌローク県(同4月1〜30日)、サムットソンクラーム県(同4月2〜30日)など

タイ、外国人の滞在期限を4月末まで自動延長

2020/04/09

在タイ日本大使館によると、タイ政府は3月26日以降に滞在期限が切れる全ての外国人について、査証(ビザ)の種類を問わず(査証免除で入国した人を含む)、滞在期限を4月30日まで自動的に延長する。

また、入国管理局への90日ごとの居住地報告(90日レポート)も4月30日まで免除する。

タイでは新型コロナウイルスの感染拡大による国境封鎖、空路運休などで出国できなくなった外国人多数がビザ延長や居住地報告などの手続きでバンコク郊外の政府合同庁舎にある入管窓口に押しかけ、連日混雑が続いていた。新型コロナウイルスの感染も懸念されることから、タイ政府は滞在期限の自動延長を決めた。

タイ、新型コロナの新たな感染確認38人 2日連続で2桁に減少

2020/04/07

タイ政府は7日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに38人確認されたと発表した。1日の感染者数が30人台だったのは3月18日以来。1日の感染者数は3月22日以降、ほぼ毎日100人を超えていたが、4月5日102人、6日51人と、減少傾向にある。

累計の感染者は2,258人で、このうち27人が死亡、824人が治癒して退院した。

プーケット、ホテルに営業停止命令

2020/04/04

プーケット県当局は3日、県内のホテルに営業停止命令を出した。

命令の発効前に宿泊客がいる場合は宿泊継続を認め、宿泊客がいなくなった時点で閉鎖となる。新たな宿泊客は受け付けない。また、県当局に宿泊客の氏名、人数などを報告し、新型コロナウイルス感染症の症状がみられる宿泊客は隔離する。

プーケット県は県内のほとんどの商業施設やビーチを閉鎖し、陸路、海路による出入りも禁じている。10日からは空港も閉鎖する。

プーケット県内で確認された新型コロナウイルスの感染者は3日までの累計で100人で、死者は出ていない。3日に報告があった新たな感染者はホテルや飲食店、マッサージ店などのタイ人従業員、外国人旅行者ら13人。

タイが夜間外出禁止令(午後10時〜午前4時)発動。

2020/04/03

タイ政府は2日、全土を対象に夜間外出禁止令を出した。3日から午後10時〜午前4時の外出を禁じる。違反者には最大2年の禁錮か4万バーツ(約13万円)の罰金、またはその両方を科す。これまで外出自粛を要請してきたが、新型コロナウイルスの感染が広がっており、行動制限を強化する。続きはコチラ

日本、入国拒否対象にタイなど49カ国追加 73カ国・地域に 帰国者にPCR検査

2020/04/01

日本政府は3日から、過去14日以内にタイ、インドネシア、シンガポール、マレーシア、ベトナム、フィリピンなど49カ国・地域に滞在した外国人の入国を拒否する。新型コロナウイルスの感染防止策の一環で、入国拒否を行う対象地域は計73カ国・地域になる。続きはコチラ

バンコクのコンビニ、飲食店、午前0〜5時の営業禁止

2020/04/01

バンコク都庁は都内のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、飲食店(屋台を含む)など営業中の全店舗の営業時間を4月2日以降、午前5時〜午前0時の間に制限する。期間は4月30日まで。

バンコクでは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月18日から娯楽施設、マッサージ店、映画館、ボクシングスタジアム、競技場、競馬場、理髪店、教育機関など、21日からショッピングセンターなどの一時閉鎖が行われている。営業が認められているのはスーパー、コンビニなどで、飲食店は原則として持ち帰りのみ営業可となっている。

バンコクの商業施設閉鎖、4月30日まで延長

2020/03/30

在タイ日本大使館によると、バンコク都内の商業施設、教育機関などの閉鎖期間が当初の4月12日から4月30日に延長された。また、新たに子供用遊技場、ビリヤード場、ホテル内会議室・宴会場、病院内託児所を除く託児所、博物館、図書館などが一時閉鎖の対象となった。

バンコクでは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月18日から娯楽施設、マッサージ店、映画館、ボクシングスタジアム、競技場、競馬場、理髪店、教育機関など、21日からショッピングセンターなどの一時閉鎖が行われている。営業が認められているのはスーパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局など。飲食店は原則として持ち帰りのみ営業可となっている。

タイで非常事態宣言発令、県境に検問

2020/03/26

タイ政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を首相に権限を集中して強力に推進するため、26日午前0時付で非常事態宣言を発令した。期間は4月30日まで。

バンコク首都圏で導入している百貨店やショッピングモールなどの商業施設、映画館や競技場などの娯楽施設の閉鎖を全国に拡大した。食品スーパーやコンビニエンスストアなど生活必需品を扱う店の営業を認める。小売り大手セントラル・グループは33店を展開する百貨店の営業を止めた。

外国人の入国禁止は外交官や労働許可証の所持者は対象外だが、感染していないことを示す証明書の提示を求める。隣接するミャンマーやカンボジアなどとの国境は封鎖された。観光客は既に減っているが、打撃がさらに広がることになる。

外出禁止は見送ったが、70歳以上や5歳未満、持病のある人ら重症化するリスクが高い人に外出自粛を求めた。全国民を対象に県境を越える移動の自粛も要請した。陸軍は26日、全国350カ所以上に検問所を設け、移動の監視を始めた。感染者数が増えれば、外出や県境をまたぐ移動を禁じる可能性もある。

ウィサヌ副首相の25日の説明などによると、一部の都県で実施しているほぼすべての商業施設や教育機関の閉鎖を全国で行うほか、国境閉鎖などすでに実施済みの措置を継続する。外国人の入国は外交官、労働許可証所持者などを除き原則禁止する。

高齢者や持病がある人などに外出の自粛を勧告する。感染拡大に備え、医療体制の拡充を急ぐ。非常事態宣言の発令を受け、タイ内務省は各知事に対し、26日から県境に検問所を設けるよう指示した。

タイ政府、新型コロナで26日に非常事態宣言

2020/03/23

タイのプラユット首相は24日、非常事態宣言を26日付で発令すると発表した。期間は4月末まで。外国人の入国原則禁止、外出自粛の要請といった措置を取るもよう。また詳細が分かり次第更新します。

バンコク首都圏1都5県と東北ナコンラチャシマ県、スーパーなど除き商業施設閉鎖

2020/03/23

バンコク首都圏の1都5県(バンコク都、ノンタブリ県、ナコンパトム県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、サムットサコン県)で22日から、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局などを除くほぼずべての商業施設の閉鎖が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止が目的で、4月12日まで継続する。

閉鎖するのはショッピングモール、スパ、映画館、理髪店、遊園地、ゴルフ場、ゲームセンター、プール、競技場、競馬場、展示場、教育機関など。飲食店は持ち帰りのみの営業となる。

東北部のナコンラチャシマ県も22日から、1都5県と同様の閉鎖措置を開始した。

バンコク、22日からスーパーなど除き商業施設閉鎖

2020/03/21

アサウィン・バンコク都知事は21日、新型コロナウイルス対策として、スーパーマーケットとコンビニエンスストア、飲食店(持ち帰りのみ)などを除くほぼずべての商業施設を3月22日から4月12日まで閉鎖すると発表した。詳細は21日午後に公表する。

バンコク都庁はすでに、18日から31日までの予定でパブ、娯楽施設、マッサージ店、映画館、ボクシングスタジアム、競技場、競馬場、教育機関などを閉鎖しているが、ショッピングセンターなども閉鎖し、閉鎖期間を延長する。

企業に対しては、できるだけ在宅勤務にするよう要請。住民に人混みを避けるよう求める。

日本からのタイ渡航、新型コロナ陰性証明書と保険加入義務化

2020/03/19

タイ民間航空庁(CAAT)は18日、タイ保健省が指定する新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の危険地域、感染地域を過去14日間に訪れた渡航者がタイ行きの航空機に搭乗する際のガイドラインを発表した。21日から施行する。続きはコチラ

タイの新型コロナ感染、35人増え212人に

2020/03/18

タイ保健省は18日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに35人確認されたと発表した。このうち13人は集団感染が確認されたバンコク都内のボクシングスタジアムで、4人は都内トンロー地区の娯楽施設で感染したとみられる。

1人はカンボジアからの帰国者だった。タイで同日までに確認された新型コロナウイルス感染者は計212人になった。このうち1人が死亡、169人が入院中で、42人は容体が改善し退院した。

バンコクにあるバーやマッサージパーラーなどの娯楽施設を3月18日から2週間閉鎖

2020/03/17

タイのプラユット首相は3月17日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制の試みとしてバンコクとバンコク周辺で、バー、パブ、パッサージパーラー、映画館などのエンタテインメント施設を閉鎖すると発表した。続きはコチラ

タイ政府、新型コロナ対策でソンクラーン(水かけ祭り)連休延期

2020/03/17

タイ政府は今年の水かけ祭り(ソンクラーン)の祝日(4月13〜15日)を延期する方針だ。ウィサヌ副首相が16日、明らかにした。続きはコチラ

タイ・ライオンエア、バンコク〜日本全便運休

2020/03/16

インドネシアの格安航空ライオンエアのタイ法人タイ・ライオンエアは3月16日から31日まで、バンコクと日本(東京、大阪、名古屋、福岡)、中国を結ぶ全便を運休する。

また、3月17日から31日まで、バンコク〜シンガポール間の全便を運休する。

バンコク伊勢丹、8月末で閉店

2020/03/16

バンコク都心の大規模商業施設、セントラルワールドに入居するバンコク伊勢丹が8月31日で営業を終了することとなった。

商品券、ポイントは9月1日以降使用できなくなり、現金との引き換えは行わない。6階のテナントについては営業終了日が異なる場合があり、紀伊国屋書店は営業を続ける見込みだ。

バンコクには1964年の大丸を皮切りに、1980年代から90年代前半にかけ、そごう、東急百貨店、ジャスコ、ヤオハンなどの日系小売業が進出した。しかし、1990年代後半以降、セントラル、モール、テスコ、カルフールといった地場系及び外資系の小売り大手に押され、ほとんどが閉店撤退を強いられた。

バンコク伊勢丹も活気のあるセントラルワールドの中で人気のない目立たない存在となり、ときには手持ち無沙汰の従業員が売り場で横になる姿も見られた。

タイで邦人初感染=新型コロナ

2020/03/14

タイ保健省は14日、国内で日本人男性(33)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

タイで日本人の感染が判明したのは初めてで、タイ人の妻と娘、妻の母も感染が確認された。妻の母は日本に渡航し、4日に帰国していた。タイでこれまでに陽性反応が出たのは82人。ここ数日急増しており、過去4日間で29人が確認されている。 

タイ、新型コロナ対策で19カ国・地域への到着時ビザ発給停止

2020/03/14

タイ政府は13日から、韓国人、香港人、イタリア人のノービザでの入国を禁止し、中国(香港、マカオを除く)など19カ国・地域のパスポート所持者に対する到着時ビザの発給を停止した。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた措置で、期間は9月30日まで。

到着時ビザの発行を停止したのは中国のほか、台湾、インド、ロシア、ブルガリア、ブータン、キプロス、エチオピア、フィジー、ジョージア、カザフスタン、マルタ、メキシコ、ナウル、パプアニューギニア、ルーマニア、サウジアラビア、ウズベキスタン、バヌアツ。

タイ株暴落で売買緊急停止、株価指数11%安

2020/03/13

世界的な株価急落を受け、タイ証券取引所(SET)株価指数の12日終値は前営業日比10.8%安の1114.91ポイントと暴落した。1100ポイント台をつけるのは2012年以来。

下落率が10%に達した時点で、「サーキットブレーカー」と呼ばれる売買の緊急停止措置が発動され、30分後に取引が再開された。内外の機関投資家が売り越した。年初から同日までの外国人投資家の売り越しは702億バーツに達した。

バンコク・フワイクワーンで取り壊し中のホテル倒壊、作業員1人死亡

2020/03/12

11日午後4時ごろ、バンコク都フワイクワーン区のプラチャーラートバムペン・ソイ6通りで、取り壊し中のホテル(地上10階)の一部が倒壊し、作業員のタイ人男性(44)ががれきの下敷きになり死亡した。当局が詳しい状況を調べている。

タイ各地で気温上昇で、バンコクの気温40度に。

2020/03/11

暑期に入り、タイ各地で気温が上昇している。9日の最高気温はバンコクで39.6度(最低気温27.6度)、西部カンジャナブリ市で41.3度、北部チェンマイ市で37.6度、東北部ウボンラチャタニ市で40度だった。

タイ気象局によると、バンコクは週末まで晴れて暑い日が続く見通し。最高気温は39〜40度、最低気温は25〜26度と予想している。

タイ株暴落、8%安 円高で100円=30.6バーツ

2020/03/10

世界同時株安を受け、タイ証券取引所(SET)株価指数の9日終値は前営業日比8%安の1255.94ポイントと暴落した。1300ポイントを割り込むのは2016年2月以来。年初からの下落率は21%。

急激な円高を受け、バーツの対円相場は下落を続け、1月2日の100円=27.7バーツ(ミッドレート)から3月9日は30.6バーツまで下げた。 

タイから帰国のオーストラリア人男性も感染か?タイの新型コロナ感染50人に。

2020/03/09

8日までにタイ国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は50人になった。このうち1人が死亡、16人が入院中で、33人は治癒(ゆ)して退院した。続きはコチラ

少年買春容疑でバンコク在住の71歳日本人男逮捕される

2020/03/06

タイ警察は5日、児童買春を10年以上にわたって続けていたとして、バンコク在住の飲食店員、松原規敏容疑者(71)=本籍兵庫県=を人身取引の疑いで逮捕した。続きはコチラ

韓国で不法就労のタイ人大挙帰国、タイで不安広がる

2020/03/05

韓国で不法就労していたタイ人が大挙して帰国する見通しとなった。帰国者が新型コロナウイルスを持ち帰るのではという不安がタイ国内に広がり、一部でマスクが品薄になるなどの影響が出ている。続きはコチラ

新品と偽り使用済みマスク20万枚販売、タイ人3人逮捕

2020/03/05

タイのテレビ報道によると、タイ警察は3日、中部サラブリ県の廃品回収業者の倉庫を捜索し、使用済みのマスクを新品と偽り販売した疑いで、タイ人の女3人を逮捕した。

警察によると、容疑者はごみ回収業者から買い取った使用済みのマスクを洗濯してアイロンをかけ袋に詰め、フェイスブックなどで新品と偽って宣伝し、約20日間で約20万枚を販売した。作業のため6人を雇い、労賃として1枚1バーツを払ったという。

タイでは新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄になっている。

新型コロナウィルスの影響でバンコク・インターナショナル・モーターショーが延期

2020/03/04

バンコク郊外のコンベンションセンター、インパクト・ムアントンタニで開催されるタイ最大規模のモーターショー「第41回バンコク・インターナショナル・モーターショー2020」の開催日が当初予定の3月25日〜4月5日から4月20日〜5月3日に延期される。

新型コロナウイルスの感染予防のため。主催者が3日、発表した。

バンコク・スティサン交差点の歩道橋にトラック荷台の構造物衝突

2020/03/03

3日午前4時ごろ、バンコク都内スティサン交差点のラチャダピセーク通り上り車線の立体交差トンネル入口近くで、トラックの荷台に積んだコンクリート製の構造物が道路上の歩道橋に衝突した。トラックは前輪が宙に浮かぶ形で急停車した。

当局はトンネルの上り車線を一時通行止めにし、午前8時ごろ、トラックを現場から撤去した。この事故で、同日朝、現場一帯で一時、大規模な渋滞が発生した。

バンコク・ラマ9世駅前の『フォーチュンタウン』でまた火災。

2020/03/03

3日早朝、バンコク地下鉄ラマ9世駅前の商業ビル「CPタワー2」内のショッピングセンター「フォーチュンタウン」で火災があった。この火災でのけが人は出なかった。

報道によると、午前6時半ごろ、4階のレストランで出火。消防が出動し約1時間後に鎮火した。なお、フォーチュンタウンはこの火災を受け、同日臨時休業することとなった。フォーチュンタウンでは2017年3月、今年1月にも火事が起きている。

バンコク郊外の免税店休館で新型コロナウイルスとデング熱に感染、タイ人男性死亡

2020/03/02

タイ保健省は1日、新型コロナウイルスに感染したタイ人男性(35)が多臓器不全で死亡したと発表した。続きはコチラ

タイから日本への出張、原則禁止80%、バンコク商工会議所調査で判明

2020/02/28

バンコク商工会議所が理事、監事、特別理事の50社・団体を対象に24、25日に行ったアンケート調査(回答率100%)で、タイから日本への出張を「すべて禁止している」は4%、「緊急、重要なものに限り、条件付きで認めている」は76%だった。「特に制限していない」は20%。

日本からタイへの出張は「緊急、重要なものに限り、条件付きで認めている」68%、「すべて禁止している」6%、「特に制限していない」26%。

タイから中国本土(武漢、湖北省などを除く)への出張は「すべて禁止している」72%、「緊急、重要なものに限り、条件付きで認めている」22%、「特に制限していない」4%だった。

タイの日本人学校、新型コロナ感染地域渡航者に立ち入り規制

2020/02/26

バンコクとタイ東部シラチャーの日本人学校を運営する泰日協会学校は26日から、タイ政府が指定する新型コロナウイルス感染地域に渡航(乗り換えを含む)した後、タイに入国して14日以内の人の校内立ち入りを禁止する。

タイ教育省の指示を受けた措置で、児童生徒、保護者、教職員を含む全ての来校者が対象。2月26日に日本からタイに入国した場合、3月11日から来校が可能になる。同居家族などが該当地域に渡航した場合も14日間の来校自粛を求める。

タイ政府が指定する感染地域は25日時点で中国、日本、韓国、台湾、シンガポール、香港、マカオ、マレーシア、ベトナムの9カ国・地域。

タイ、新型コロナウイルス感染新たに2人感染で計37人に

2020/02/25

タイ保健省は25日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに2人確認されたと発表した。続きはコチラから。

センチュリー・ザ・ムービー・プラザでの発砲事件、死亡した女性の元夫逮捕

2020/02/18

バンコク都内の戦勝記念塔近くのショッピングセンター(SC)「センチュリー・ザ・ムービー・プラザ」で女性2人が銃で撃たれ死傷した事件で、タイ警察は19日、死亡した女性(28)の元事実婚の夫(28)を殺人などの容疑で逮捕したと発表した。続きはコチラ

バンコクの戦勝記念塔にあるショッピングセンター「センチュリー・ザ・ムービー・プラザ」で発砲、2人死傷

2020/02/18

8日午後3時半ごろ、バンコク都内の戦勝記念塔近くのショッピングセンター(SC)「センチュリー・ザ・ムービー・プラザ」4階の美容クリニックで発砲事件があり、従業員のタイ人女性(28)が頭、胸などを数発撃たれ死亡、もう1人が銃弾でけがをした。

午後6時現在、犯人は未だ拘束されていない。

バンコクの路上で20発乱射、2人けが

2020/02/18

タイのテレビ報道によると、16日午後10時半ごろ、バンコク都パーシージャルーン区の路上で発砲事件があり、タイ人男性2人(40、40)が肩、足などを撃たれ重傷を負った。

けがをした2人は地元の知人数人と現場の屋台で飲食していた際に、近づいてきたバイク数台から銃撃された。犯人グループは20発ほど発砲した後、逃走した。

警察は地元グループの抗争とみて捜査している。

タイ、医療関係者が新型コロナウイルス感染で計34人に

2020/02/17

タイ保健省は15日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認されたと発表した。民間病院に勤務するタイ人女性(35)で、感染者と接触があった。

タイで16日までに確認された新型コロナウイルス感染者はこの女性を含め計34人。このうち19人が入院中で、15人は治癒してすでに退院した。死者は出ていない。

死亡装い保険金詐取 タイに15年潜伏も「疲れた」と帰国

2020/02/14

死亡を装って保険金をだまし取り、逃亡先のタイで15年余り潜伏生活していたものの、困窮して名乗り出てきた男と元妻が捕まった。保土ケ谷署は12日、詐欺の疑いで、大阪府堺市、自営業の女(60)と秦野市北矢名、無職の男(68)の両容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は、共謀して2014年11月下旬、男が生存しているにもかかわらず、保険会社に対して同容疑者の死亡保険金などの名目で女名義の銀行口座に現金約470万円を振り込ませ、だまし取った、としている。

チュラロンコン大学近くで数十発乱射、44歳の男を逮捕

2020/02/14

タイのテレビ報道によると、14日朝、バンコク都内のタイ国立チュラロンコン大学に近いバンタットーン通りチュラ・ソイ10で、タイ人の男が銃を数十発発砲し、周辺の店舗に銃弾数発が命中した。死傷者はなかったもよう。

警察は午前10時過ぎに、容疑者の男を逮捕した。午前5時ごろ、銃声がしたという通報があり、警察が現場に急行、周辺一帯を封鎖していた。

死者30人、負傷者58人を出したタイ東北ナコンラチャシマのショッピングセンター、13日に営業再開

2020/02/13

今月8、9日に発生した銃撃事件で多数の死傷者が出た東北部ナコンラチャシマ市のショッピングセンター「ターミナル21コラート」が13日に営業を再開する。開店前に仏僧による読経と托鉢が行われる。続きはコチラ

さまよえるクルーズ船、タイも入港拒否

2020/02/12

タイのプラユット首相は11日、タイ東部のレムチャバン港への入港を求めていた米クルーズ船「ウエステルダム」について、新型コロナウイルスの感染防止のため、入港を認めないと発表した。燃料、食料などの補給は行う。 

 「ウエステルダム」は今月1日、乗客1455人、乗員802人を乗せ、香港を出港。その後2週間で台湾、日本を訪れ、15日に横浜に入港する予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、台湾、日本で入港を拒否され、入港できる港を求め、タイに向かっていた。

バンコク郊外の事務所で弁護士射殺

2020/02/11

タイのテレビ報道によると、10日夜、バンコク南郊サムットプラカン県のショップハウス1階に入居する弁護士事務所に拳銃を持った男が押し入り、弁護士のタイ人男性(57)に向け発砲した。弁護士は胸などを数発撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

弁護士事務所前の幹線道路の防犯カメラには、フルフェイスヘルメットをかぶった犯人が徒歩で事務所に入り、約10秒後に走り出て、駐車してあったバイクで道路を逆走して走り去る様子が写っていた。

警察は殺人事件として捜査している。

死者30人、負傷者58人を出したタイ東北ナコンラチャシマの銃撃事件

2020/02/10

タイ東北部ナコンラチャシマ県ナコンラチャシマ市で発生した銃撃事件で、ナコンラチャシマ県当局は9日夜、記者会見を開き、事件による死者が射殺された犯人を含め30人、負傷者が58人に上ったと発表した。続きはコチラ

コラートのターミナル21で兵士1人が銃乱射し立てこもり、死者20人、負傷者31人!

2020/02/09

タイのテレビ報道によると、8日夜、タイ東北部ナコンラチャシマ県ナコンラチャシマ市のショッピングセンター「ターミナル21」でタイ陸軍曹長の男(32)が自動小銃を乱射し、買い物客ら十数人が死亡した。続きはコチラ

バンコクの住宅地で火事

2020/02/07

6日、バンコク都内の戦勝記念塔近くで火事があり、木造住宅数棟が全半焼し、数人がけがをした。現場はタイ陸軍が運営するプラモンクットクラオ病院の裏。午前10時ごろ出火、消防が出動し、約2時間後に鎮火した。

タイの2月8日(土曜)は「万仏節」で酒販売禁止日

2020/02/06

タイの2月8日(土)は『万仏節(マーカブーチャー)』の祝日です。仏教の祝日になるで、タイ全土で酒の販売が原則禁止されます。また2月10日の月曜日が振替休日となり、土曜日から月曜まで3連休となります。

有意義な3連休をお過ごしください。

新型コロナウイルス、タイで新たに6人感染し計25人に。日本からの帰国者も…?

2020/02/05

タイ保健省は4日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに6人確認されたと発表した。

4人はタイ人、2人は中国人旅行者で、うち5人は容体が快方に向かっている。タイ人のうち2人は日本から帰国したばかりの夫婦で、日本で感染した疑いがある。続きはコチラ

バンコクの大気汚染再び悪化。

2020/02/02

バンコクの大気汚染が再び悪化している。

タイ天然資源環境省公害管理局によると、3日午前0時時点の空気質指数(AQI)はブンクム区クロンクム197、ラークラバン区ラークラバン177など、ほぼすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

大気汚染は全国的に悪化し、タイ中部サラブリ市で216、スパンブリ市で204、東部プラジンブリ県シーマハーポート郡で222と、「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。中部アユタヤ市は185、東北部ナコンラチャシマ市は172、東部チョンブリ県シラチャー郡は139、北部ラムパン市は159だった。

新型コロナウイルス、タイで新たに5人感染で計19人に。初の国内感染も。

2020/02/01

タイ保健省は31日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに5人確認されたと発表した。

4人は新型コロナウイルス感染が広がっている中国湖北省武漢からタイを訪れていた中国人、1人は中国への渡航歴がないタクシー運転手のタイ人。タクシー運転手はバンコクで乗務中に乗客から感染したとみられる。新型コロナウイルスのタイ国内感染は初めて。続きはコチラ

新型肺炎でバーツ急落。

2020/01/31

タイ・バーツの対米ドル相場が今年に入り急速に下落している。バーツの対米ドル相場は2019年に7.6%上昇したが、今年は昨年末から1月30日までに3.3%下落。30日は1ドル=31.2バーツと前日から約1%下落した。

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がっていることを受け、中国人観光客が多いタイの通貨が売られた。2019年にタイを訪れた中国人は前年比4.4%増の約1099.5万人に上り、訪タイ外国人全体の28%を占めた。

タイ人男、女性ネットアイドルになりすましテレフォンセックス、動画録画し恐喝し逮捕される。

2020/01/30

タイのテレビ報道によると、タイ警察は29日、西部ラチャブリ県在住のタイ人男(39)を恐喝などの容疑で逮捕したと発表し、自宅でコンピュータ3台、動画75本、覚醒剤15錠などを押収したと発表した。

警察によると、男はインターネットの交流サイト(SNS)で女性ネットアイドルになりすまして、男性をテレフォンセックスに誘い込み、相手が配信してきた行為中の動画を録画、この動画を公開すると脅して、50人以上から600万バーツ以上を脅し取った。男は犯行を認めているという。

現在tinderなどの出会いのマッチングアプリが流行っているが、くれふれもご注意を。

日本人男性がバンコクで寸借詐欺被害、パキスタン人男逮捕。

2020/01/29

タイ警察は28日、日本人男性から現金を詐取した疑いでパキスタン人の男(29)を逮捕したと発表した。警察は今月25日、バンコク郊外のアパートで男の身柄を確保した。余罪があるとみて捜査している。続きはコチラ

7人死傷の百貨店強盗、容疑のタイ人校長逮捕。

2020/01/22

今月9日夜、タイ中部ロッブリ市のロビンソン百貨店で、男が銃を発砲して、警備員、男児ら3人を射殺、4人にけがをさせ、金製品販売店(金行)のショーケースから金製品を奪い逃走した事件で、タイ警察は22日、容疑者のタイ人男を逮捕したと発表した。

23日に記者会見を開くとして、詳細は明らかにしていない。タイのテレビ報道によると、容疑者は中部シンブリ県の学校の校長(38)で、銃の愛好家だという。追記はコチラから。

バンコクで銀行強盗、現金90万バーツと拳銃奪う。

2020/01/23

タイのテレビ報道によると、22日午後2時ごろ、バンコク都内のディスカウントストア、テスコロータス・プラチャーウティット店のバンコック銀行支店に拳銃のようなものを持った男が押し入り、現金約90万バーツと警備員が所持していた拳銃1丁を奪いバイクで逃走した。

男はヘルメットを被り覆面をしていた。警察は強盗事件として捜査している。

タイで新型コロナウイルス感染新たに2人、タイ人女性と中国人男性。

2020/01/22

タイ保健省は22日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染が新たに2人確認されたと発表した。1人はタイ人女性、もう1人は中国人男性。

タイ人女性は新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている中国湖北省武漢への渡航歴があった。タイ中部ナコンパトム県の病院で治療を受け、容体は快方に向かっているという。

中国人男性は今月19日、バンコク郊外のスワンナプーム空港に到着した際に、空港の赤外線サーモグラフィで高熱が検知され、検査の結果、新型コロナウイルス感染が確認された。現在、バンコク郊外の医療施設で手当てを受けている。

タイで新型コロナウイルス感染が確認されたのは4人目。最初の2人はいずれも中国人の女性で、タイ国内で治療を受けて回復し、1人は今月18日、もう1人は21日に、中国に帰国した。

バンコクの大気汚染、再び悪化。

2020/01/20

野焼き、山火事の煙霧などによる大気汚染がバンコク、タイ北部、東北部などで悪化している。

タイ天然資源環境省公害管理局によると、19日午後5時時点のバンコクの空気質指数(AQI)はプラナコン区サムセン通り192、ディンデン区ディンデン通り162、ブンクム区クロンクム172、バンコーレム区ラマ3世通り172など、ほぼすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超えた。

ラマ9世駅前のフォーチュンタウンで火事。

2020/01/19

19日午後、バンコクの地下鉄ラマ9世駅前の商業ビル、CPタワー2内のショッピングセンター、フォーチュンタウンで火事があり、買い物客らが建物の外に避難した。けが人はなかった。

午後4時ごろ、G階のフードモールで出火。消防が出動し、約30分後に鎮火した。

全面通行止めせず、タイ王族車列の交通規制緩和。

2020/01/14

タイ王室の公式ツイッターの12日の投稿によると、タイのワチラロンコン国王は王族の車列が通過する際の交通規制を緩和するよう交通警察に指示した。

これまでは、車列が走行する道路のほか、車列が走行する道路上の立体交差、高架高速道路などが一時通行止めとなっていた。今後は、走行する道路の一部レーンを車列専用とし、全面通行止めは行わない。立体交差、高架高速道路の利用も認める。

王族の車列をめぐっては、ラッシュアワーにバンコクの幹線道路が全面通行止めとなり、歩道橋の利用が禁止されるなどし、交通に支障が出ていた。昨年には、サイレンを鳴らした救急車が王族の車列の通過にともなう通行止めで警察に停車させられたという情報と写真がインターネットの交流サイト(SNS)上で拡散し、警察の対応に対する批判が高まっていた。

バンコク首都圏の大気汚染悪化。

2020/01/13

バンコク首都圏の大気汚染が深刻化している。

タイ天然資源環境省公害管理局によると、10日午後1時時点の空気質指数(AQI)はほぼすべての観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超え、一部で「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

AQIが200を超えたのはバンコク都ディンデン区(212)、バンクティンエン区ラマ2世通り(212)、バンコーレム区ラマ3世通り(210)、プラナコン区サムセン通り(224)、サムットプラカン県サムットプラカン市(212)、サムットサコン県サムットサコン市(223)――など。

ロッブリーのロビンソンデパート内に武装強盗。警備担当者と2歳児の2名が死亡。

2020/01/11

タイのテレビ報道によると、9日午後8時40分ごろ、タイ中部ロッブリーのロビンソン百貨店で、ライフルで武装した黒服の強盗集団が押し入り、警備員、そして通行人らを射殺し、金製品販売店(金行)のショーケースから金製品を奪い逃走した。

殺害されたのは女性従業員と、来ていた客、そして母親と一緒にいた2歳児の男の子はいきなり銃で撃たれて死亡した。また、乱射した銃の流れ弾で数人が負傷したとみられている。窃盗した金は28バーツ(約420グラム)で、60万バーツ程。警察が犯人の行方を追っている。

バンコク、タイ西部などで大気汚染悪化。

2020/01/08

タイ天然資源環境省公害管理局によると、7日午前10時時点の空気質指数(AQI)がバンコク都内の観測地点の多くで「健康への悪影響が始まる」とされる100を上回った。

7日午前10時時点のAQIは都内クロントイ区クロントイ地区134、プラナコン区サムセン通り131、ディンデン区ディンデン通り121、タイ北部ラムパン県ラムパン市131、プレー県プレー市114、東北部コンケン県コンケン市106、西部カンジャナブリ県カンジャナブリ市162、ラチャブリ県ラチャブリ市149、東部チョンブリ県シラチャー郡121、ラヨン県ラヨン市126など。

パタヤビーチでみだらな行為を行ったとしてロシア人男女に罰金。

2020/01/06

タイのテレビ報道によると、タイ東部パタヤ市の警察は4日、公然わいせつ容疑のロシア人男女(26、19)を市内のホテルで逮捕した。市内のビーチで衆人環視の中、性行為を行った疑い。2人は容疑を認め、罰金1万バーツを支払った。

スワンナプーム空港で日本人男を逮捕、タイ人女性の荷物を盗む。

2020/01/03

タイ警察は1月3日、バンコク・スワンナプーム国際空港で、タイ人女性の荷物を盗んだとして、日本人のタケウチ・ヒロキ(56)を逮捕したと発表した。1月1日の夜10時頃、38歳のタイ人女性が、現金8万韓国ウォンやパスポートの入った白いバッグを紛失したと警察に報告した。続きはコチラ

前のページに戻る
トップ タイナビブログ 広告掲載 会社概要 お問い合わせ

タイナビ

Copyright(C)thainavi.net