タイのバンコク、チャンマイ、パタヤ、プーケットなどのホテル予約・検索なら「タイナビ」

タイの首都、バンコクってどんなところ?

バンコクはタイの首都として東京と同等程度の発展を遂げており、いまや発展途上国とは言えない先進都市です。バンコクとは通称であり、正式名称はとても長く、タイ人でも言えない人が多い。現地では正式名称の最初の部分である「クルンテープ・マハナコーン」と呼ばれています。

バンコクと日本には多くの航空会社が直行便を就航しており、成田空港からのおよその飛行時間は7時間から8時間。2011年からは羽田空港からの直行便も就航しており、日本からの旅行者、在住者にとって更に便利になっています。使用言語はタイ語となり、日本語はもちろんですが、ホテルや日本料理店を除く全てのところでは英語もあまり通じません。

日本人にとってはとても住みやすい国

しかし一昔前までは「タイは物価が安い」と言われてきましたが、近年ではタイバーツの高騰もあり、タイ、特にバンコクで日本と同じ生活をするのであれば日本とそう変わらなくなってきたのかもしれません。日本食や不動産賃貸、サービス料金などはむしろ日本の地方都市よりも物価が高く感じます。

時差 日本とタイの時差はマイナス2時間
両替 空港や両替のできるホテルを除いてタイでは円やドルは使えません。タイ到着時に空港で必要な両替を行ってください。スワンナプーム国際空港内の銀行両替所は24時間営業をしており、市内の銀行は月曜日から金曜日の10:00〜16:00まで、観光地やホテル街にある出張両替所なら8:30〜20:00頃まで開いているところがあります。
タイ料理 タイで最もポピュラーな食事は屋台でのタイ料理ではないでしょうか?クイッティアオやカーオマンガイ、イサーン料理のソムタムなど多種多様なタイ料理が楽しめます。
またデパートなどのフードコートや、ソンブーンなどの有名タイ料理店でも色々なタイ料理をお楽しみいただけます。一般的にはタイ料理は辛い!ていうイメージがありますが、辛くなくて日本人にも馴染みやすいタイ料理はたくさんあります。
携帯電話 タイは日本の携帯電話をそのまま使うことはできません。日本の各携帯電話会社のローミング、もしくはタイの携帯電話会社simカードを使用する必要があります。
また2015年7月からタイのsimカードを使う際に身分証明書(パスポート)の提示が必要になりました。パスポートなどの身分証がないとsimカードを買うことができません。
国際電話カード使用

日本からタイに国際電話をかける場合

国際電話会社の番号(※1)+010(※2)+相手国番号( タイは66 )+相手先の番号( 市外局番の最初の0はとる )

タイから日本に国際電話をかける場合

009+81(日本の国番号)+相手先の番号(市外局番の最初の0はとる)

移動手段・交通手段

タイはとても暑く、日差しも強烈である事から徒歩での移動はお勧め出来ません。バンコクの移動手段にはBTSスカイトレイン(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、タクシー、路線バス等があります。バンコクの道路は各エリア、時間帯により異なりますが、想像を絶する激しい渋滞が起こります。主に通勤時間である帰宅時間、また、学校が終わる時間も渋滞します。

雨期には雨が降ると市内はどこも渋滞し、タクシーを捕まえるのも困難になります。1999年に開通したBTS、2003年に開通したMRTは渋滞緩和に大きく貢献すると期待されていましたが実際にはあまり効果がありませんでした。バンコクでの移動は「公共の乗り物をうまく使いこなすこと」です。ここではバンコクの主な移動手段をご紹介いたします。

タイに住みたい。でもどうしたらいい?

50歳以上の方であればロングステイビザがありますが、なかにはまだ50歳になっていない方でも「タイに住めるの?」と思っている方も多いと思います。結論から言えば可能です。現実にタイには40代や30代の方だけではなく、最近では20代の方々までタイに住んでいます。もちろん日本の会社や企業から派遣される駐在員もタイにはたくさんいますが、個人でタイに来て住んでいる日本人もたくさんいます。

最初は観光でタイを訪れタイが気に入り、年に何回かタイを訪れるようになるパターンです。タイに住みたいと思う、動機や理由もさまざまのようです。年金生活者の方であれば少ない年金でもタイであれば、人間らしい生活ができるとタイへ移住を決意される方もいます。若い方であれば息苦しい日本を脱出して、海外に住みたいと思いタイを選らんだ方もいます。またなかには何回かタイを訪れるようになり、タイ人女性に惹かれタイへ移り住んだ方もいます。

さあ、タイに住むにはまずどうしたらよいか?

まずタイに長期で住む場合には、ビザの問題があります。タイに入国するのはノービザか、ツーリストビザでも大丈夫です。ただノービザの場合は最長で、30日間までしかタイに滞在できません。ツーリストビザの場合も延長を含めても、最長で90日間までしかタイに滞在できません。しかも近年のタイは数年前と比べ、ビザに対してとても厳しくなってきています。まずは自分が取得するビザをきちんと知ることが大事です。

観光ビザ 観光目的で1回の滞在日数が30日を超える場合に取得します。ノービザ滞在30日で足りない長期旅行者が利用します。最長60日間まで、また最長30日間まで可能です。
Oビザ 「O」はOTHER(他)の「O」です。主に駐在員の家族がタイ国で駐在員(世帯主)と同居する場合に使用します。またタイの方と結婚した場合もこのビザを取得することが可能です。
Bビザ 「B」はBUSINESS(ビジネス)の「B」です。駐在員など就業を目的に入国する場合、あるいは商用で来タイする場合に使用します。このビザで入国しても労働許可証を取得しないで働けば不法就労となります。
ロングステイビザ タイに50歳以上の日本人がロングステイするためのビザです。このビザを取得するには、英文銀行預金残高証明書原本 800,000バーツ以上が確認できる証明書が必要。
EDビザ 『ED』はEDUCATION(教育)のEDです。留学やタイ語学校就学の場合に使用します。原則として就学許可期間迄で、最長1年間可能。その後1年毎に更新・延長が可能となります。

いずれの場合もツーリストビザを、ラオスなどタイの隣国でもう一度申請して取ります。その場合はシングルとダブルがあります。シングルであれば延長を含めて最長で90日間で、ダブルの場合は最長で180日間タイに滞在できます。

住むアパートを見つけよう

バンコクでアパートを見つけるのは難しいことではありません。しかし日本人駐在員が多く住むスクムビットエリア(アソーク、プロンポン、トンロー)などは家賃が高く、初めてタイに来る方にはこの家賃が大きな負担となるでしょう。また日系の不動産仲介会社も、日本人駐在向けの高い不動産しか扱っていないので頼りにはなりません。

そこで初めてタイに住む方はラチャダーエリアかオンヌット、プロカノンエリアのアパートがお勧めです。ラチャダーエリアは地下鉄がありますし、ビジネス街のスクムビットやシーロムエリアへのアクセスが楽で、ショッピングセンターや大型スーパーマーケットがたくさんありますので便利なエリアです。アパートの家賃も1ルームなら10,000バーツ前後から借りることができます。

また、BTS沿線沿いのオンヌット、プロカノンエリアも同様で、1ルーム10,000バーツ前後で借りることができ、トンローやアソーク、またはシーロムエリアなどへの移動にも便利です。しかし、このような安いアパートはインターネットで検索してもなかなか情報がありません。探すには自分の足を使うか、タイ人の知り合いなどに頼んでタイ語でネットで検索してもらうしかありません。

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません