トップ - ラマ9世国王の葬儀についてお知らせ

ラマ9世国王の葬儀についてお知らせ

10月25日〜29日はプミポン前国王の葬儀 訪タイする方は要注意

バンコクでは10月25日から29日かけてプミポン前国王の葬儀が行われますが、期間中はタイ全土から参列者が集まり、特に会場となる王宮前広場周辺は大混雑が予想されます。周辺の道路や観光スポット・施設も閉鎖される可能性が高いため、一般の旅行者はこのエリアへの立ち入りを避けるのが賢明です。

現地旅行会社の情報によると、既に王宮・エメラルド寺院は10月1日から10月29日まで一般公開を休止することが決定しているほか、寝釈迦仏で知られるワット・ポーも火葬の儀の行われる26日当日は閉鎖することが決まりました。今後もこうした対応が増えるものと思われます。

また、バンコク市内の主要交通機関は26日を中心に運賃を無料にすることを発表しました。地元メディアが報じた現時点での各交通機関の対応状況は以下の通りです。

エアポートレールリンク

10月25日から27日は運賃無料。26日は午前2時まで運行時間を延長。

BTS

10月26日はスクムビット線、シーロム線、パープルライン全線無料。26日は午前2時まで運行時間を延長

スクンビット線のオンヌット〜サムローン間及びシーロム線のウォンウィエンヤイ〜ベーリン間は25日及び27日も無料

MRT

10月26日は全線無料。26日は午前2時まで運行時間を拡大

パドゥンクルンカセーム運河ボート及びパーシーチャルーン運河ボートは25日〜27日は無料。

まとめ

上記の時期は弔意を表すためエンターテイメント施設や夜の娯楽施設は最低でも数日間は営業自粛になると予想されます。10月半ば〜10月末にタイを訪れる予定の方は、このことを踏まえてタイに来る計画を立ててください。

また、プミポン前国王は全てのタイ人にとても愛された国王です。前国王の葬儀となれば皆悲しみに暮れることでしょう。それを良く理解し、日本人として最低限のマナーを守り、タイでの時間を過ごしましょう。

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright simchan Co,.Ltd. All right reserved.