タイの基本情報
タイの首都、バンコクってどんなところ?

バンコクはタイの首都として東京と同等程度の発展を遂げており、いまや発展途上国とは言えない先進都市です。バンコクとは通称であり、正式名称はとても長く、タイ人でも言えない人が多い。現地では正式名称の最初の部分である「クルンテープ・マハナコーン」と呼ばれています

バンコクと日本には多くの航空会社が直行便を就航しており、成田空港からのおよその飛行時間は5〜7時間。2011年からは羽田空港からの直行便も就航しており、日本からの旅行者、在住者にとって更に便利になっています。使用言語はタイ語となり、日本語はもちろんですが、ホテルや日本料理店を除く全てのところでは英語もあまり通じません。

日本人にとってはとても住みやすい国

タイは親日国です。タイには日系企業の様々な業種が進出しており、スクムビットのプロンポンやトンロー、カラオケで有名なタニヤ通りなどは日本語の看板が目立ちます。数年前と比べると駐在員やその家族向けのサービス業、主に飲食業や美容業、不動産業などが格段に増えました。バンコクはタイ語が話せなくてもある程度日本と同じような生活ができるようになってきたのです。

しかし一昔前までは「タイは物価が安い」と言われてきましたが、近年ではタイバーツの高騰もあり、タイ、特にバンコクで日本と同じ生活をするのであれば日本とそう変わらなくなってきたのかもしれません。日本食や不動産賃貸、サービス料金などはむしろ日本の地方都市よりも物価が高く感じます。

時差 日本とタイの時差はマイナス2時間
両替 空港や両替のできるホテルを除いてタイでは円やドルは使えません。タイ到着時に空港で必要な両替を行ってください。スワンナプーム国際空港内の銀行両替所は24時間営業をしており、市内の銀行は月曜日から金曜日の10:00〜16:00まで、観光地やホテル街にある出張両替所なら8:30〜20:00頃まで開いているところがあります。

タイバーツは変動相場制を取っているので両替率が毎日変化します。
タイ料理 タイで最もポピュラーな食事は屋台でのタイ料理ではないでしょうか?クイッティアオやカーオマンガイ、イサーン料理のソムタムなど多種多様なタイ料理が楽しめます。

またデパートなどのフードコートや、ソンブーンなどの有名タイ料理店でも色々なタイ料理をお楽しみいただけます。一般的にはタイ料理は辛い!ていうイメージがありますが、辛くなくて日本人にも馴染みやすいタイ料理はたくさんあります。
携帯電話 タイは日本の携帯電話をそのまま使うことはできません。日本の各携帯電話会社のローミング、もしくはタイの携帯電話会社simカードを使用する必要があります。

また2015年7月からタイのsimカードを使う際に身分証明書(パスポート)の提示が必要になりました。パスポートなどの身分証がないとsimカードを買うことができません。
国際電話

日本からタイに国際電話をかける場合

国際電話会社の番号(※1)+010(※2)+相手国番号( タイは66 )+相手先の番号( 市外局番の最初の0はとる )

タイから日本に国際電話をかける場合

009+81(日本の国番号)+相手先の番号(市外局番の最初の0はとる)
タイの移動手段

タイはとても暑く、日差しも強烈である事から徒歩での移動はお勧め出来ません。バンコクの移動手段にはBTSスカイトレイン(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、タクシー、路線バス等があります。バンコクの道路は各エリア、時間帯により異なりますが、想像を絶する激しい渋滞が起こります。主に通勤時間である帰宅時間、また、学校が終わる時間も渋滞します。

雨期には雨が降ると市内はどこも渋滞し、タクシーを捕まえるのも困難になります。1999年に開通したBTS、2003年に開通したMRTは渋滞緩和に大きく貢献すると期待されていましたが実際にはあまり効果がありませんでした。バンコクでの移動は「公共の乗り物をうまく使いこなすこと」です。ここではバンコクの主な移動手段をご紹介いたします。

 

BTS バンコク・スカイトレイン

タイの首都バンコク都内を走る高架鉄道のBTS(バンコク・スカイトレイン)はスクンビット線とシーロム線に分けれており、サイアム駅にて両線とも相互乗換え可能です。

バンコクの渋滞事情を考えるとBTSの存在はとても便利で、日本人が多く在住するスクムビットからビジネス街のシーロム、ショッピングエリアのサイアムなどに行くことが可能です。

また朝方から夜まで5分から10分間隔で運行しており、料金も11バーツからと大変お得です。

 

MRT バンコク地下鉄

バンコクのMRT(地下鉄)は、バンスー駅からフアラポーン駅へと約20kmの距離を全駅30分で走行します。

通過点には日本人が多く住むエリアで、BTSに乗り換えが可能なアソーク駅、タニヤやビジネス街として有名なシーロム駅、ウィークエンドマーケットで有名なチャトチャック駅を通過します。

BTSと同じく朝方から夜まで5分から10分間隔で運行しています。現在延長工事中で完成すれば中華街や南バスターミナルまで行くことが可能となり今以上に便利になるでしょう。

 

エアポートリンク

エアポートリンクとはスワンナプーム空港とパヤタイ間を結ぶ高速鉄道です。赤い車体のエクスプレス(特急)と青い車体のシティライン(各駅停車)があります。

所用時間はエクスプレスが空港からマッカサン駅まで15分。シティラインは空港からパヤタイ間を25分で結びます。

バンコクは朝方と夕方から夜にかけての渋滞が酷いので、このエアポートリンクが出来てから空港からバンコク市内へのアクセスが大変便利になりました。

 

タクシー(バンコク)

バンコクのタクシー料金は非常に安く移動には便利な乗り物です。料金は初乗り35バーツで、その後2Bづつ加算されて行きます。日本と比べて安くて気軽に乗ることができます。

ただし注意も必要です。運転手によっては空港から市内、または繁華街などではメーターを使わず、値段交渉をして来るドライバーもいます。英語はほとんど話せないのでタイ語、または片言の英語でのやりとりになります。トラブルもたまに発生してますのでタクシーに乗る際は注意することが必要です。

 

タイの路線バス

バンコクの路線バスはとても料金が安い(一律7バーツなど)ですが、タイ語でのみ行先が表記されているので、タイ文字が読めない方には移動手段としては不向きです。タイ文字を読める方には安くて便利な移動手段になるでしょう。

路線バスにはエアコン付きと、エアコン付きではないバスは料金も違います。近年では車両も新しくなり、近い将来ほとんどのバスがエアコン付きになるでしょう。現地の日系書店で日本語のバスマップも販売していますので、興味のある方は購入をお勧めします。

 

タイの長距離バス

バンコクには東バスターミナル(エカマイ)、南バスターミナル(サーイ・ターイ・マイ)、北バスターミナル(モーチット・マイ)の3か所のバスターミナルがあります。

バンコクからほとんどの地方都市に向けての長距離バスが運行しており、価格も飛行機や電車と比べるととてもリーズナブルです。車両も大きく、座席の間隔も広いので快適に目的地へ行くことができます。バスによっては途中でトイレ休憩があったり、ランチや軽食付きのバスもあります。

 

トンロー赤バス

日本人駐在員に人気のソイであるトンローを巡回する便利な乗り物です。トンローは奥に長い為、利用価値がある乗り物です。

料金は5.50Bの定額制となっており、基本的に乗りたい、降りたい場所で乗車下車できます。始発は朝5時半にセンセープ運河を出発し、最終はトンローの入り口を10時に出発します。

 

ロットゥー(乗合バン)

ミニバスと表記される場合が多いですが、普通のワンボックスカーです。戦勝記念塔、オンヌット、モーチットなどからたくさんのロットゥーが郊外、地方都市向けに出ています。

バンコク近郊の街なら長距離バスより安く、早くいく事が出来るので、利用価値があります。アユタヤなどに行く際にも非常に便利でしょう。問題は行き先が非常に解りずらいことです。タイ語が話せないとなかなか思うようにいかないかもしれません。 行き先によってはある程度人数が集まらないと出発しないこともあります。

 

バイクタクシー(モーターサイ)

バンコクの大きな通りから延びている通りをソイと言い、そのソイの移動手段として活躍するのがバイクタクシーです。ソイの中なら10バーツから20バーツ。ソイの外に出たり、長距離の移動の際には値段が急に跳ね上がりますので予め料金をドライバーに確認しましょう。

渋滞時には便利ですが、荒い運転をするドライバーが多いため、乗る際には注意が必要です。

 

トゥクトゥク

トゥクトゥクはタイの観光用の乗り物としてはとても有名です。値段は交渉制で1日チャーターなども可能です。しかし、タイ語が話せない場合、運転手の言い値はとても高く、宝石屋などを回るよう強要されたりする場合があるので注意が必要です。

また、サービスアパートやコンドミニアムがトゥクトゥクを所有している事も多く、最寄り駅やショッピングセンター、スーパーなどへ無料で送迎してくれます。

 

セーンセープ運河ボート

バンガピからピンクラオまで運航している乗合ボートです。スクムビットやペッブリー、伊勢丹近くや、観光地であるワットプラケオなどにも行くことができます。料金も安く、渋滞時などには便利で、地元タイ人が利用する乗り物です。

注意点としては、乗船の際には運河へ落ちる危険もあり、お子様連れの方など利用は避けたほうが良いでしょう。 雨期の大雨で水かさが増したりした時には運航停止となります。

タイの基本情報メニュー

タイのホテル検索する

バンコクでタイ語を学ぶならスパンサータイ語学校
無料地図情報誌フリコピ
タイナビがお勧めするタイのホテル情報
トップ | バンコクの基本情報 | 美容室検索 | タイのゴルフ情報 | サイトポリシー | 広告掲載について | 運営会社 | お問い合わせ

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright simchan Co,.Ltd. All right reserved.